ホーム > 業種・職種 > 法曹 > 事実認定体系<民法総則編>2

事実認定体系<民法総則編>2

判断基準が “こんなに見える”と思わなかった!実務家のための事実認定体系書

定価

4,860 (本体:4,500円) 在庫あり

編著者名

村田 渉 編著

  • 新刊
  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-05988-7
発刊年月日 2017-11-02
判型 A5判/C3332
ページ数 390
巻数 /事実認定総則2
商品コード 059881

商品概要

債権法改正に対応。事実認定を切り口に、1200件の裁判例を民法の体系に沿って分析・整理。逐条形式で各裁判例の位置づけを明らかにし、法律要件に関する事実認定で何が重要かメルクマールとなるか、「事実認定のルールや手法、留意点」を提示する。民事裁判実務の第一線で活躍する裁判官が執筆。

目次

第1編 総 則
 第5章 法律行為
  第3節 代 理(第99条-第118条)
  第4節 無効及び取消し(第119条-第126条)
  第5節 条件及び期限(第127条-第137条)
 第6章 期間の計算(第138条-第143条)
 第7章 時 効
  第1節 総 則(第144条-第161条)
  第2節 取得時効(第162条-第165条)
  第3節 消滅時効(第166条-第174条)

商品の特色

○債権法改正に対応。改正の趣旨、要件・効果の変更点を明示

○最高裁から地裁まで裁判例1200件を整理・分析

○民事裁判実務の第一線で活躍する裁判官が執筆

○意義・法律要件・法律効果をコンパクトに収録

○法律相談や裁判における主張立証方針の検討に必携・必読

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 危険物取扱者のための 危険物まるわかり辞典
  • 記載例で学ぶ居宅介護支援経過

このページのTopへ